家庭教師が教える、受験後に気をつける3つのこととは?

こんにちわ。

受験シーズンが本格的になってきて、ここ愛知県名古屋市でも早いところだと合格発表がでたりしているはずです。

なので、今回は受験直後にすべき3つのことについて書いていきたいと思います。

まず1つ目ですが、『ひきずらないこと』です。

合格発表などで不合格だったとします。その時、あとにひきずらないことが大切です。

よくあるのは『あ~、この学校が落ちたんだから、次受ける学校も‥‥』などとマイナスに考えてしまい、マイナススパイラルに陥ることです。

そういう場合、ひきずらないことが大切なのです。
家庭教師でよく言ってるのは『たとえ、模擬試験で合格圏内であっても半分程度の人は落ちる。やっぱり、受験というのは運もあるし、たまたま自分の苦手な範囲が出たから落ちたんだ。逆につぎの学校では自分の得意な範囲がでるかも』

などと言っています。

このように、終わったことを悔やんでも仕方がないのでしっかりつぎの受験を見据えて、つぎの学校の対策に移ることが大切です。

2つ目に解いた問題の復習をすることです。

入試本番で解いた問題は印象に残りやすいので定着しやすいですし不思議なことにひとつの大学で出た問題が他の大学で同じような問題で出題されるということが時々あります。

このような場合に入試問題を復習していればスムーズに解けるはずです。

3つ目に、滑り止めなどに受かったからといって気を抜きすぎないことです。

滑り止めにうかって第一志望の学校の入試本番で点数が取れなくては滑り止めに受かった意味が半減してしまいます。

滑り止めは第一志望の学校に落ちても大丈夫なように
ある程度自分の実力より低いところを受けますが、この学校は当然第一志望ではありません。

第一志望のための勉強時間を割いてまで滑り止めの学校の勉強をして受験をするのは、第一志望の学校の受験日までしっかり勉強できるようにするためなのです。

そこで滑り止めに受かったからといって気を抜いて遊んでいては元も子もありません。
 
僕の知り合いにも滑り止めが受かって、舞い上がってしまいその後の勉強が疎かになってしまい残念ながら第一志望の学校に受からなかった子もいます。
 
そういうことが起こらないように、滑り止め合格後もしっかり勉強しましょう。

まとめますと、ここまで説明した『引きずらないこと』、受験直後にその学校の問題を復習すること、滑り止めに受かったからといって気を抜きすぎないこと、この3つが受験直後にすべき3つのことです。

ココナラで1週間サポート実施中!
https://coconala.com/services/1217245

お手数ですが上記 URL をコピーの上貼り付けて検索していただくと開くことができると思います。

「家庭教師のサポートコーチ」
のオンライン指導。

自宅学習中でも分からないことをサポートします。

「家庭教師のサポートコーチ」では、3つのコースをベースに、自宅に居ながら、現役医大生や有名大学生から高度な家庭教師サービスを受けることができます。オンライン家庭教師をお探しの方は「家庭教師のサポートコーチ」に一度お問い合わせ下さい。