模試AとB判定

前回に引き続きまたしてもくしゃみです。
私も懲りずにモーニング行くこと自体間違っているとは思いますが、窓側の席で朝日を浴びコーヒーを飲みながら読書をする、これが至福の時なのでどうしてもやめられないんです。
なぜ、男の人って周りに気を使えない人が多いのでしょうか?
斜め前に座ってる男性がマスクをはずしたまま3回も連続くしゃみです。
まっすぐ前を向いてても目に見えない飛沫が飛び散るから気持ち悪いですよね。
手ぐらい当てて下さいと言いたかったけど勇気のない私はまたしてもコーヒーを改めて注文しただけでした。もうくしゃみするなよと心のなかで念じてました。
すると全然関係なさそうな席の紳士が、
「あなたねぇ、くしゃみする時は肘を当てて周りに飛び散らない様にしなさい!」とくしゃみ男を叱ってくれました。
なんていい人なんでしょう。すっきりしました。
私立の大学に決めてから勉強量が減り、過去問さえやらなかった息子が、いきなり猛勉強をまた始め過去問もするようになりました。
なぜ?どうした?
「急にまたやる気出してどうしたの?」
まぁやる気出して頑張ってるんだからこのまま放っておこうと思いもしましたが、やっぱり気になり聞きました。
「偏差値の高い難関大学も目指そうと思って。その方がもっと奥の深い研究できそうだから」
おぉ、少しは大人になってる!嬉しい!
しかしなぜ?なぜなんだ?
リビングのテーブルの上に立って勉強しているのはなぜなんでしょう?
幼少の頃、ウルトラマンを持ってテーブルの上に立っていた。そしてジャンプ!
今は参考書を持っている。ウルトラマンじやない。
ウルトラマンが参考書になった。これは喜ぶべきか?飛ばないだけましか?
なぜテーブルの上で?落ち着くのだろうか?
私は何も言わずにただ毎日じっと見上げていた。
女の子もするのかと思い、女の子のいるママ友に何人か聞いたが、そんなことしないと笑われた。
ついでに男の子の親にも聞いたけど、やっぱりしないとまた笑われた。
わざわざ聞いて恥をさらしただけだった。
模試結果、難関大学の判定はB。
良かったと思うことにした。C以下じゃないだけよしとする。
もう一つの方はA。こちらは安心だ。
AとBなんでまぁどちらかに受かってくれればいいと思った。
大学はA判定のところにいって、大学院でB判定のところでもいいと思ったりした。
とにかく早く終わって欲しいとそればかりだった。受験は子供は当然苦しいだろうが親も苦しい。
来年お受験のご家庭の方達本当に頑張って下さい。

「家庭教師のサポートコーチ」
のオンライン指導。

自宅学習中でも分からないことをサポートします。

「家庭教師のサポートコーチ」では、3つのコースをベースに、自宅に居ながら、現役医大生や有名大学生から高度な家庭教師サービスを受けることができます。オンライン家庭教師をお探しの方は「家庭教師のサポートコーチ」に一度お問い合わせ下さい。

前の記事

模試と大学

次の記事

家庭教師