家庭教師

家庭教師が見つかりました。
名古屋の東海中学出身で国立大学医学部医学科の男性の家庭教師。
体験授業6人目?ぐらいでやっと決定したんです。
家庭教師の業者にこの教師に決めますと電話をしたら、
「良かったです。やっと見つかったんですね。こんなうるさいお母様は初めてでした。」
「……」
確かにそうだったかもしれない。
子供がわかりにくいと言ってるとか、答えがたくさん間違ってるとか、質問しても教えるまでの時間が長過ぎる、考える時間が長過ぎる
たくさん言った。でもそんな教師ばかりを紹介した方はどうなんだと言いたかったが面倒で言いませんでした。
毎週土曜日午後2時、家でなくホテルのティラウンジやカフェで教えてもらうようにしました。
その方が気分転換になっていいかなと思ったから。カフェ代がプラスされるけど、気になりませんでした。
ある日、家庭教師に交通費2000円ぐらい請求されました。
いつもは560円なのに。
「交通費お高くないですか?」
「今日は実家から来たので」
それはそっちの都合でうちは前から交通費が決まってたんだからそんなの払えない!と腹が立ちましたが、そんなことで怒ってはストレスが溜まると判断し、わかりましたと支払いました。
早く忘れようと思いました。忘れて少しでもストレスを軽減させようと思いました。業者にも文句を言いませんでした。でもやっぱり思い出すと腹が立つので、その時きちんと言った方が良かったのかなと今になって後悔してます。
交通費の件があってしばらくしてから、業者じゃなく僕と個人的に契約しませんか?と言ってきました。
時給を聞くと、業者に払っているのと変わらない。じゃあ意味があるのか?と自分に問う。
業者にお願いするメリットは、無料で教師の交代をしてもらえる、トラブルがあった時対処してもらえるなどがある。それは大きい。
個人契約にして、何かあって契約解除となったら、また業者に頼まなければならない。
面倒くさい。だから断った。
それからしばらくして、家庭教師を代えてもらいました。理由は答えをよく間違っていたから。
遠巻きに見ていると自信たっぷりに教えているように見えたので安心ていたのですが、よく間違えていたらしいです。
良かったー!個人契約にしなくて良かった。
家庭教師が業者の契約を個人契約にしようとすると家庭教師にペナルティがあるらしいです。本当か嘘かわからないけど100万払わないといけないと聞いたことがあります。だからそういうことは言わずにナイショにしてあげました。まぁ一生懸命教えてくれてはいたので、少しは感謝していますから。
新しい家庭教師も前と同じ国立大学医学科の学生でした。また同じようにカフェで教えてもらうことにしました。
しかしこれまた問題発生!

「家庭教師のサポートコーチ」
のオンライン指導。

自宅学習中でも分からないことをサポートします。

「家庭教師のサポートコーチ」では、3つのコースをベースに、自宅に居ながら、現役医大生や有名大学生から高度な家庭教師サービスを受けることができます。オンライン家庭教師をお探しの方は「家庭教師のサポートコーチ」に一度お問い合わせ下さい。

次の記事

受験期の焦りについて