模試の正しい使い方について

こんにちは。

そろそろ寒くなってきて受験本番も近づいてきましたね。受験生のみなさんも受ける模試の数がかなり増えてきたことと思います。

なので、今回は模試の使い方について書いていきたいと思います。

みなさんは模試を受けた後、その模試をどうしていますか?

受けた後そのまま放置しておくのは非常に勿体無いです。

僕が考える模試をする目的は3つあります。

1つ目に自分の実力を知るため、2つ目に学習の偏りや穴を見つけるため、3つ目にテストの雰囲気を感じるためです。

それぞれ1つづつ解説していきます。

1つ目の自分の実力を知るについて。

これはみなさんもかなりわかっていますが、模試は自分の実力と志望校との実力差を知るために受けるという目的が1番大きいです。

よく、一発逆転を狙うと言っている受験生がいますが(僕もそうでした)、勉強方法が悪いからいままで勉強を頑張っても伸びなかったわけですから、一発逆転を狙って自分との実力差の大きい学校ばかりを受けるのは得策ではありません。

2つ目の学習の偏りや穴を見つけるため。(自分なりにこれが模試を受けるうえでもっとも大切な効果の1つだと思っています。)

自分のみでの学習では、得意な科目に学習が偏っていたり、完璧に網羅できるような勉強が難しいかもしれません。

どうしても、勉強が嫌いな生徒さんは自分の得意な科目ばかりやってしまい、苦手な科目は避けがちです。このような場合、自分の目標とする学校に入りにくいということもあるかもしれません。

そのようなとき、苦手な科目をちゃんと勉強し、苦手な科目を普通のレベル若しくは得意なレベルに持っていった場合、非常に大きなアドバンテージになるわけです。なので、自分の苦手な科目を避けながら勉強していることの把握や勉強の穴をしることは非常に大切な訳です。

したがって、そういう勉強の偏りを見つける場合に模試が役立つと思います。

また、優秀な家庭教師であれば、それを見抜き学習の偏りや穴を埋めるような勉強も促してくれるはずです。

3つ目のテスト本番の雰囲気を知るため。

時々受験生で、テストの雰囲気を知らなかったため、雰囲気に飲まれてしまい、普段通りの実力をだすことが出来なかったという受験生もいます。こういうことを防ぐために、本番に近い雰囲気のテスト(模試)を受けるのです。

このように、3つの目的を意識しながら模試を受けることで普段よりも模試の効果をより高く受けることができるのです。

以上のように、模試は受けすぎはよくありませんが、適切な量の模試をしっかり復習して受けることがもっとも大切だと僕は思っています。

「家庭教師のサポートコーチ」
のオンライン指導。

自宅学習中でも分からないことをサポートします。

「家庭教師のサポートコーチ」では、3つのコースをベースに、自宅に居ながら、現役医大生や有名大学生から高度な家庭教師サービスを受けることができます。オンライン家庭教師をお探しの方は「家庭教師のサポートコーチ」に一度お問い合わせ下さい。

前の記事

家庭教師体験授業

次の記事

家庭教師