家庭教師体験授業

私は息子が小学生の時から、遊びに行くなら宿題をしてから、とか言ったことがなかった。
だから息子は学校から帰ると、
「ただいまー!□□君の所に遊びに行ってくる!」ランドセルを玄関に放り投げたまま遊びに出かけていた。
夜は夜で一緒にテレビを見たり、ボードゲームをしたり、息子は学校以外では遊んでばかりだった。
4年生の夏休みの前、通知表をもらいに学校に行くと、先生が
「お母さん、叱らないでくださいね?」
と前置きしてから通知表を開いた。
ひどかった。思っていたよりひどかった。
しかし私は冷静でした。だって宿題どころか勉強しなさいの言葉も言ったことがなかったから、当たり前の結果だと思っていた。
だから勉強の習慣をつけなかったことを中学受験で非常に後悔することになったのです。
特に国語に関しては本当に後悔しました。
私みたいな方がいたら、後悔しないよう今からでも宿題、勉強やるよう言ってください。
それはさておき、大学受験に取り組んでいる息子は何も言わなくても毎日○進の授業を家で受けてました。
リビングで勉強していたのでパソコンから先生の声がいつも聞こえてきました。
英語の先生の授業は面白かった。勉強ばかりだと飽きてくるから合間によく面白い話をする。私も聞こえてくるのでよく子供と一緒に笑った。しかしあまりにも余談が長過ぎる。
授業の合間合間に挟むのはいいが、長すぎるのだ。高い授業料払ってるんだから、もういい加減に授業したらどうだ?と、何回も思うことがあった。
○進の映像授業を受けて最高70万って月があった。高い!高すぎる!
もう普通に家庭教師にした方がずっと安いと思った私は○進を減らして家庭教師をお願いすることにした。本当は完全にやめたかったけど、息子が○進を気に入っていたので減らしただけにした。
大手の家庭教師に依頼し体験授業をお願いした。
60過ぎの元塾経営者という男性がやって来た。ちょっと気難しい感じの人だ。
その家庭教師が帰ってから息子に聞くと、
「分かりにくかった。だから嫌だ」
その人を断ると次の人が体験授業にやって来た。
40代のちょっときつそうな女性だった。
リビングで教えてもらってるので、私は自分の仕事をしながらでも声は聞こえてきた。
順調に授業が進んでるようだ。
だが息子からは
「あの人前の人よりは分かりやすいけど、でも分かりにくい。」
断った。
もう違う所の家庭教師を頼もうと思ったが、また次の体験授業を勧められた。
20代後半の男性だ。
息子:「先生、ここが分からないんですけど」
先生:「………」
5分経っても、10分経っても先生は答えない。
そのうち息子が
「あっ、そうか、分かった!」どうやら息子は自分で答えを見つけたらしい。
私は先生がホッとした顔を見逃さなかった。
当然、翌日断った。

「家庭教師のサポートコーチ」
のオンライン指導。

自宅学習中でも分からないことをサポートします。

「家庭教師のサポートコーチ」では、3つのコースをベースに、自宅に居ながら、現役医大生や有名大学生から高度な家庭教師サービスを受けることができます。オンライン家庭教師をお探しの方は「家庭教師のサポートコーチ」に一度お問い合わせ下さい。

前の記事

塾やめた