大学受験を前に

英検に合格してから英語に自信がついたのか、英語の速読なども始めました。国語が相変わらずできなかったからどうせなら日本語の速読をして欲しかった。国語のできない子ってきちんと文章読んでない子が多いですよね。息子もテストの時、時間を気にするあまりいいかげに読んで結局ひどい点数だった。最後まで読めなかったとか、途中飛ばして読んだとか、そんなのばかりだった。
高校2年になった時、大学受験の勉強が本格的になる前にどこかへ遊びに行こうということになり、東京に遊びに行きました。
六本木ヒルズへ行った時、外国人が十和田湖?だったと思いますが、
外国人:「十和田湖どこにある?」と英語でたずねてきました。
息子:「………………」
答えない。なぜ?英検2級なら答えられるのでは?
そこで私は気づいた。こいつ十和田湖の場所を知らないんだと。
結局答えられなくて、外国人は去って行きました。
私:「何で?教えてあげればよかったのに」
息子:「いや、そういう問題じやなくて、十和田湖がどこにあるのか知らなかったから」
やっぱり。しかし私もまた知らなかった。秋田か?どこだ?
英語でなく地理を知らなくて答えられなかったなんて…情けない。
情けない親子でごめんなさいと、心の中で外国人に謝りました。
しかし、まさか六本木で十和田湖を聞かれるとは……。 ちょっとびっくり 六本木で十和田湖ですよ。
その後新宿の高島屋にいたら、また外人さんが
サブウェイ、サブウェイ!と言ってきました。
私は地下鉄に行きたいんだなと思ったんですけど、息子は「サブウェイないよね?」て私に聞くんです。
私:「えっ、近くにあるでしょ?」
息子:「ないと思う。この辺で見たことない」
すると私達の会話を聞いてた隣にいた40代の女性2人が「あのぅ、たぶんサンドイッチのチェーン店じゃなく、地下鉄じゃないかしら?」と、息子に言った。
私はびっくりして「あんたお店のサブウェイを思ってたの?」
「うん」
普通、地下鉄って思いますよね?
ちょっと息子は変わってるのかも。
せっかく外人さんが二組も声をかけてきたのに、全く答えられなかったなんて残念でした。
声をかけられた時は、英語でスラスラ答えるかっこいい息子が見られると期待したのに本当に残念でした。
東京から戻って本格的に大学受験に取り組むことにしました。
塾に入るか、家庭教師教師にまたお願いするか
考えて、結局塾に入ることにしました。
学校のお友達が多く行ってる塾でした。
そこは私立高校のコースと公立高校のコースがあり、私立高校のコースは2つに分かれてました。入塾テストで成績の良い子はAコース、それ以外はBコース。うちは国語が全くできないので当然Bコースでした。

「家庭教師のサポートコーチ」
のオンライン指導。

自宅学習中でも分からないことをサポートします。

「家庭教師のサポートコーチ」では、3つのコースをベースに、自宅に居ながら、現役医大生や有名大学生から高度な家庭教師サービスを受けることができます。オンライン家庭教師をお探しの方は「家庭教師のサポートコーチ」に一度お問い合わせ下さい。

前の記事

英検合格

次の記事

塾やめた